FOOL(フール)|後払い現金化サービスの会社情報とサービス内容

後払い現金化サービス情報

いますぐ現金が必要になった時、ブラックの方でも利用でき、信用情報を傷つけることなく、クレジットカード不要で利用できる「後払い現金化サービス」

そんな中、英語教材を購入するとキャッシュバックで現金が受け取れるという「FOOL(フール)」について調査したので、運営者情報、メリット・デメリット、利用方法等を紹介していきます!

FOOL(フール)|後払い現金化サービスの運営者情報

運営会社fool
代表者名不明
所在地不明
営業時間24時間対応(年中無休)
問い合わせTEL :050-5445-0997
公式サイトhttps://fool-cash.com/

FOOL(フール)|後払い現金化サービスのサービス内容

手数料約40〜50%
決済スピード最短即日
在籍確認なし
初回利用限度額2~4万円
利用条件給与所得者
必要書類・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
・健康保険証
・給料明細(直近2ヶ月分)
・口座履歴(直近2ヶ月分)
・IDセルフィー
エリア全国対応
公式サイトhttps://fool-cash.com/

FOOL(フール)|後払い現金化サービスの特徴(メリット)

  • 年中無休で営業している
  • 再販可能な商材を購入可能

FOOL(フール)|後払い現金化サービスの特徴(デメリット)

  • 希望のプランを利用できない可能性あり
  • 審査に落ちる可能性あり

FOOL(フール)|後払い現金化サービスの申込み方法

まずはFOOL(フール)の現金化の仕組み、サービス内容について簡単に説明します。

FOOL(フール)では、再販可能な役立つ商材を購入することができ、商品はデータでメールやダウンロードという方法で受け取ります。

受け取りと同時に、購入特典としてキャッシュバックの現金が指定の口座に振り込まれて、現金化が完了するという仕組みの現金化サービスです。

キャッシュバック方式の現金化が可能で、商品の受け取りと同時に現金をキャッシュバックされるので、すぐに現金化ができる仕組みで最短15分で現金化が可能のようです。

(上)画像のように、公式サイトによると、A~Dの4つのプランが用意されています。自分の好きなキャッシュバック金額を選択できるような仕組みとなっており、現金化手数料は約40〜50%がかかるようです。

*現在はキャンペーンキャッシュバック中となっており、通常時よりもお得に現金が手に入るようになっているので注目です!

それでは実際にFOOL(フール)の申し込みからご利用までの流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://fool-cash.com/)にアクセスします。

サイトを下部までスクロールまたは、「お申し込み」をタップすると申し込みフォームが表示されるので以下の必要情報を入力して送信をします。

FOOL(フール)必須情報

名前、携帯電話番号、生年月日、年齢、住所、自宅番号、メールアドレス、勤務先名、勤務先番号、勤務先住所、雇用形態、勤続年数、手取り月収、給料の支給方法、緊急連絡先名前、緊急連絡先関係、緊急連絡先番号、現在利用中のファクタリング業者名、過去利用のファクタリング業者名

上記は全て必須項目となっていますので必ず入力しましょう。

送信完了後はFOOL(フール)から折り返しの連絡がくるので、案内に従って以下の必要書類を提出すると申し込みが完了し、審査が始まります。

FOOL(フール)必要書類
・本人確認書類(運転免許証、パスポート、住基台帳カード等)
・健康保険証
・給料明細(直近2ヶ月分)
・口座履歴(直近2ヶ月分)
・IDセルフィー

審査に通過すると、担当者から購入できるプランが提示されるので、料金とキャッシュバック金額に理解・納得できたら契約します。

契約後購入した商品をメール等の方法で受け取り、キャッシュバックの現金が振り込まれるので、あとは購入した情報商材の代金を支払い期日までにFOOL(フール)に振込をすれば現金化が完了です。

FOOL(フール)|口コミ・評判

口コミ

利用者の口コミというのは、利用時の参考になる重要な情報です。そこで、ネット上で見かけたFOOL(フール)の口コミ・評判を紹介します。

ハーベストと番号一緒
会社名、ライフマネジメント、忍のところかな

ちなみにフールはApb系列ですね。
瞬殺されました。こちらは安定の30分連絡ない場合否決テンプレやられました。

フールの電話対応うざすぎw

FOOL(フール)|後払い現金化サービスまとめ

FOOL(フール)は、再販可能な情報商材を後払いで購入し、キャッシュバックとして現金が受け取れる後払い現金化サービスでした。

できるだけ利用者側に損がないような仕組みになっているところは嬉しく、購入した情報商材は再販可能という点や、系列と思われるAPBが良かったという人には向いているのではないでしょうか。

当サイトではこの他にも給料ファクタリングや後払い現金化サービスを紹介しているのでそちらと比較・検討してみてはいかがでしょうか。

 
タイトルとURLをコピーしました