ジャパン後払いセンター-スマートツケ払いの会社情報とサービス内容

ジャパン後払いセンター ツケ払い(後払い)サービス情報

お金がどうしても必要になった非常時に役立つサービス「ツケ払い(後払い)現金化サービス」は信用情報がブラックの方でも利用することが可能な現金調達方法です。

多くのサービスが登場している中、商品を購入してSNS等で宣伝することで現金化できる「ジャパン後払いセンター」について調査したので、運営者情報、メリット・デメリット、利用方法等を紹介していきます!

ジャパン後払いセンター-スマートツケ払いの運営者情報

運営会社G-trading株式会社
代表者名不明
所在地東京都中央区八重洲1-8-17 新槙町ビル6F
営業時間平日 10時~17時
問い合わせTEL : 03-4426-5196
公式サイト不明

ジャパン後払いセンター-スマートツケ払いのサービス内容

手数料20%~50%
決済スピード最短即日
在籍確認ナシ
初回利用限度額1万5,000円~4万円
利用条件給与所得者・アルバイト・事業者
必要書類・写真付き身分証明書
・IDセルフィー
・社会保険証または国民健康保険証
・給与振込履歴(直近2ヶ月分)
・給与明細(直近2ヶ月分)
・口座の入出金明細(直近40日分)
エリア全国対応
公式サイトhttps://info-center.tokyo/

ジャパン後払いセンター-スマートツケ払いの特徴(メリット)

  • パート・アルバイトでも利用できる
  • 在籍確認がない

ジャパン後払いセンター-スマートツケ払いの特徴(デメリット)

  • SNSで宣伝またはレビューを投稿する手間が必要
  • 審査に落ちる可能性あり

ジャパン後払いセンター-スマートツケ払いの申込み方法

まずはジャパン後払いセンターの現金化の仕組み、サービス内容について簡単に説明します。

ジャパン後払いセンターはバイナリーオプションの教材など必要額に応じた商品を販売をしており、ツケ払い(後払い)で購入してSNS宣伝、またはレビュー投稿を行うことで現金報酬を受け取れるという仕組みです。

口コミによると購入できる商品は2つあり、3万円の商品は1万5千円〜2万4千円の報酬、5万円の商品は3万円〜4万円の報酬が受け取れるそうです。なので20〜50%の手数料がかかる計算になります。

それでは実際にジャパン後払いセンターの申し込みからご利用までの流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://info-center.tokyo/)にアクセスします。

サイト下部またはメニューにある「お問い合わせ」をタップするとLINEが開かれるので友達追加をします。

友達追加を行うと自動メッセージが届くのでトーク画面を開いて案内に従って申し込みを行います。メッセージからアクセスできる申し込みフォームでは以下の必要情報を入力して送信をします。

ジャパン後払いセンター必須情報
氏名、生年月日、年齢、家族構成、郵便番号、住所、住居種類、自宅電話番号、携帯番号、メールアドレス、家賃、ローンの月額、ご利用の銀行口座、勤務先名、勤務先HP、常駐の勤務先、勤務先電話番号、月額給料金額、給料日、給料の締め日、支給日が休日の時、賞与の有無、健康保険加入状況、従業員数、雇用形態、勤続年数、勤務時間帯、休み

上記は全て必須項目となっていますので必ず入力しましょう。

また、以下の必要書類もLINE上で行います。

ジャパン後払いセンター必要書類
・写真付き身分証明書
・IDセルフィー
・社会保険証または国民健康保険証
・給与振込履歴(直近2ヶ月分)
・給与明細(直近2ヶ月分)
・口座の入出金明細(直近40日分)

申し込みが完了したら審査が始まります。審査に通過するとツケ払い(後払い)で購入できる金額、宣伝による報酬の金額が提示されるので合意できたら契約に移行します。

購入後、商品についてSNSで宣伝もしくはレビューを投稿すると、ジャパン後払いセンターの提携先広告会社から指定口座に現金報酬が振り込まれます。

最後に、ツケ払い(後払い)で購入した商品の金額をジャパン後払いセンターに支払えば契約満了となります。

ジャパン後払いセンター-スマートツケ払いまとめ

ジャパン後払いセンターはツケ払い(後払い)購入した商品をSNSで宣伝もしくはレビュー投稿をすることで、報酬として現金が振り込まれるツケ払い(後払い)現金化サービスでした。

以前は年中無休の営業をしていた様ですが、新型コロナウイルスの影響で営業時間を短縮し、平日のみの営業となっているので注意してください。

当サイトではこの他にも給料ファクタリングやツケ払い(後払い)現金化サービスを紹介しているのでそちらと比較・検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました