ライフサポート-スマートツケ払いの会社情報とサービス内容

ライフサポート-スマートツケ払いの会社情報とサービス内容 ツケ払い(後払い)サービス情報

現金が必要な時に役に立つツケ払い(後払い)現金化サービスですが、いろいろなサービスがあり、違いはなんなのか、どれを選べば良いのかが分からず迷ってしまう人もいるでしょう。

見るべきポイントは手数料や現金化のスピード、安全性だと思います。

そこで、情報商材購入してキャッシュバックされるツケ払い(後払い)現金化サービスの「ライフサポート」について調査したので、運営者情報、メリット・デメリット、利用方法等を紹介していきます!

ライフサポート-スマートツケ払いの運営者情報

運営会社株式会社 ライフマネジメント
代表者名不明
所在地大阪府大阪市淀川区西中島4-4-25
営業時間月~土:9時~18時
定休日:日、祝日
問い合わせTEL :050-5490-4033
公式サイト不明

ライフサポート-スマートツケ払いのサービス内容

手数料25%~50%
決済スピード最短即日
在籍確認なし
初回利用限度額2~5万円
利用条件給与所得者
必要書類・顔写真付きの身分証明証(運転免許証、パスポート等)
・健康保険証
・給与明細
・銀行口座の入出金履歴
・IDセルフィー
エリア全国対応
公式サイトhttps://lifesupport-service.jp/

ライフサポート-スマートツケ払いの特徴(メリット)

  • 土曜にも対応している
  • 在籍確認が行われない
  • 学べる商材が手に入り、再販可能で副収入の機会も獲得

ライフサポート-スマートツケ払いの特徴(デメリット)

  • 全ての商材を選べる訳ではない
  • 審査に落ちる可能性あり

ライフサポート-スマートツケ払いの申込み方法

ライフサポート-スマートツケ払いの申込み方法

まずはライフサポートの現金化の仕組み、サービス内容について簡単に説明します。

ライフサポートでは、ツケ払い(後払い)で再販可能な情報商材を購入することができ、商品はデータでメールとうの方法で届きます。そしてキャッシュバックで現金が指定の口座に振り込まれるので、現金化が完了するという仕組みの現金化サービスです。

料金表

購入できる情報商材の種類は上記画像のプラン料金表の様に4種類となっており、教材によって料金とキャッシュバックされる、つまり現金化できる金額が異なります。

最も安いAプランですと実質50%、最も高いDプランでは実質40%の手数料がかかるということです。

それでは実際にライフサポートの申し込みからご利用までの流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://lifesupport-service.jp/)にアクセスします。

申し込みフォーム

サイトの下部にある、申し込みフォームまたはLINE登録から申し込みをすることができます。今回はサイトの申し込みフォーム上で行う場合について詳しく解説します。

申し込みフォームでは以下の必要情報を入力して送信をします。

ライフサポート必須情報
本人情報

名前、携帯電話番号、生年月日、年齢、住所、自宅番号、メールアドレス

勤務先情報
勤務先名、勤務先番号、勤務先住所、雇用形態、勤続年数、手取り月収、給料の支給方法

その他
緊急連絡先名前、緊急連絡先関係、緊急連絡先番号、現在利用中の他業者名、過去利用の他業者名

上記は全て必須項目となっていますので必ず入力しましょう。

送信完了後はライフサポートから折り返しの連絡がくるので、案内に従って以下の必要書類を提出すると申し込みが完了し、審査が始まります。

ライフサポート必要書類
・顔写真付きの身分証明証(運転免許証、パスポート等)
・健康保険証
・給与明細
・銀行口座の入出金履歴
・IDセルフィー

ライフサポートの審査では在籍確認が行われないので、会社バレの可能性は低いです。そして審査に通過すると、担当者から購入可能なプランが提示されるので、料金やキャッシュバックの金額等に合意できたら契約します。

契約後、購入した情報商材がメールで届き、キャッシュバックが指定の口座に振り込まれます。あとは、支払い期日に購入代金をライフサポートに振込めば契約満了となります。

ライフサポート-スマートツケ払いまとめ

ライフサポート-スマートツケ払いまとめ

ライフサポートは、再販可能な情報商材をツケ払い(後払い)で購入するとキャッシュバックされるというツケ払い(後払い)現金化サービスでした。

キャッシュバックなので手間がかからずに現金化できますし、購入した情報商材は再販可能ということで稼げるチャンスにもなります。

当サイトではこの他にも給料ファクタリングやツケ払い(後払い)現金化サービスを紹介しているのでそちらと比較・検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました