モノマネー-スマートツケ払いの会社情報とサービス内容

モノマネー ツケ払い(後払い)サービス情報

給料ファクタリングが廃業してきていますが、その代わりに新しく金融ブラックの方でもお金を手にすることができるサービスが続々と登場しています。

そこで、今すぐお金に変えたいものを現金化してくれる、フラッシュ買取サービスの「モノマネー」について調査したので、運営者情報、メリット・デメリット、利用方法等を紹介していきます!

モノマネー-スマートツケ払いの運営者情報

運営会社株式会社bazzar
代表者名小野大樹
所在地〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町 12-22
営業時間平日  9時~18時
土曜日 11時~17時
問い合わせTEL:03-6869-2299
MAIL: support@monomoney.co.jp
公式サイトhttp://bazzar-japan.com/

モノマネー-スマートツケ払いのサービス内容

手数料30%+660円
決済スピード最短即日
在籍確認あり
初回利用限度額1〜3万円
利用条件給与所得者
必要書類・顔写真付きの身分証明証(運転免許証、パスポート等)
・健康保険証
・給料明細
エリア全国対応
公式サイトhttps://monomoney.co.jp/

モノマネー-スマートツケ払いの特徴(メリット)

  • 土曜日も対応可能
  • 対応が早いく即日現金化可能
  • アプリで利用できる

モノマネー-スマートツケ払いの特徴(デメリット)

  • 審査に落ちる可能性あり
  • 在籍確認がある

モノマネー-スマートツケ払いの申込み方法

モノマネー-スマートツケ払いの申込み方法

まずはモノマネーの現金化の仕組み、サービス内容について簡単に説明します。モノマネーは売りたいものを写真でとってすぐに現金化してくれて、発送はあとでも良いという買取サービスとなっています。

MonoMONEYって何?

しかし、口コミによると商品を発送しなくても、入金されたお金に違約金として30%上乗せして支払えば良いとなっており、実際には手数料30%程かかるファクタリングの様なサービスと言われています。

例えば、ニンテンドースイッチの写真を撮影もしくは保存した画像をモノマネーに送ると1万円で買取と言われて7日以内に商品を送るか、1万3千円を支払えば良いという仕組みになっています。

それでは実際にモノマネーの申し込みからご利用までの流れを説明していきます。まずは公式サイト(https://monomoney.co.jp/)にアクセスします。

申し込みフォーム

モノマネーはアプリからも利用することができますが、今回はウェブからの申し込み方法を説明します。まずサイトの右上にある「新規登録」をタップして申し込みフォームのページにアクセスします。

申し込みフォームでは以下の必要情報を入力して送信をします。

モノマネー入力必須情報
氏名、生年月日、郵便番号、住所、携帯番号、メールアドレス

上記は全て必須項目となっていますので必ず入力しましょう。

申し込みフォームの送信が完了すると、モノマネーから折り返しの連絡がきますのでそれに従い必要書類を提出すると審査が始まります。

モノマネー必要書類
・顔写真付きの身分証明証(運転免許証、パスポート等)
・健康保険証
・給料明細

在籍確認はある様ですが、会社の電話から自分でかけても大丈夫との口コミもありました。審査に通過しましたら、連絡が来ますので買取内容、金額に合意できたら契約に移行し、買取金額として現金が振り込まれます。

最後に、商品を7日以内に送るか次の給料日に振り込まれた金額に30%上乗せしてモノマネーに振込をすれば契約満了となります。

モノマネー-スマートツケ払いまとめ

モノマネー-スマートツケ払いまとめ

モノマネーは買取サイトとして表面上は運営していますが、実際には給料ファクタリングとほぼ同一のサービス内容となっています。買取の際に使用する写真は、ネット上で拾った画像でも対応してくれるとの口コミもありました。

当サイトではこの他にも給料ファクタリングやツケ払い(後払い)現金化サービスを紹介しているのでそちらと比較・検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました