後払い現金化サービスを使って即日現金化方法を紹介!

後払い現金化サービス情報

現金を入手するにはいろんな方法がありますが、その中でも即日で現金化したい場合はかなり手段が絞られてしまいます。

しかし、どうしても即日で現金が必要になるというケースはあると思います。そこでおすすめしたい現金化方法が後払いを利用した現金化方法です。

そこでこの記事では後払いで即日現金化できる方法を紹介し、最後に注意点も解説していきます。

後払い即日現金化をする方法8選!クレカを使用しない方法

現金化という言葉ではクレジットカードを使用した方法を思い浮かべる人が多いかもしれません。現金化業者を使ったり、転売をしたりなど時間とリスクが大きくかかってしまいます。

一方、後払いを利用した現金化方法はリスクも少なく即日での現金化も可能になるのです。それではその方法を8つ紹介していきます。

S-mart(スマート)の現金化方法【廃業】

S-mart(スマート)|後払い現金化サービスの会社情報とサービス内容

S-mart(スマート)はFX自動売買取引システムを後払いで購入することができ、購入後商品のレビューをするとディストリビューター制度として報酬(現金)が貰える仕組みです。

購入できる商品は2種類で5万円の商品を購入した場合の報酬は3万円、3万5千円の商品を購入した場合の報酬は1万7千円となるので、手元に残る金額は50%〜60%になります。

利用者は①申し込み②届いた商品をレビューする、という2ステップで現金化することができるので即日現金化が可能な後払い現金化サービスです。

バンドルペイの現金化方法

バンドルペイ|後払い現金化サービスの会社情報とサービス内容

バンドルペイでは後払いで商品を購入して、その商品の売却をすることで現金化を行う仕組みのサービスです。

実際には、バンドルペイが商品の選定、出品や発送を行ってくれるので利用者は申し込みと最後の支払いのみで完結するので最短即日での現金化ができます。

手数料などを考慮すると、実際に現金化できるのは購入金額の60%〜75%と言われています。

エンハウスの現金化方法

エンハウス|後払い現金化サービスの会社情報とサービス内容

エンハウスもバンドルペイ同様、商品を後払いで購入した後は商品の売買を行ってくれるので売却され、売却金額を待つだけで利用することができるサービスです。

申し込みをして審査に通れば何もせずにすぐに現金を手に入れることができるので簡単に利用できます。

手数料などを考慮すると、実際に現金化できるのは購入金額の60%〜70%と言われています。

レイワの現金化方法

レイワはTwitter上で利用者を募集しているサービスとなっており公式サイトが存在していないのですが、口コミによるとAmazonギフト券をツケ払いで購入して、指定の業者で売却して現金化をするサービスのようです。

後払いやギフト券売却時の手数料を含めると、実質的に現金化できるのは購入金額の60~70%と言われています。

インフォクリエイトの現金化方法

インフォクリエイトは「情報パッケージ」という副業情報を後払いで購入することができ、そして即日キャッシュバックを受けることができるサービスです。

商品もデータで届くのでバレる心配もなく、購入金額の50~70%を現金化することができます。

TEC.IN(テックイン)の現金化方法

TEC.IN(テックイン)|後払い現金化サービスの会社情報とサービス内容

TEC.IN(テックイン)では様々なギフト券や会員券などを後払いで購入をすると、そのままTEC.IN(テックイン)が売却を行ってくれるので、売れたら現金が降り来れます。

口コミによると、購入金額の50%を現金化することができるようです。

よろずギフトの現金化方法

よろずギフト|後払い現金化サービスの会社情報とサービス内容

よろずギフトはギフト券の販売業者で、後払いでギフト券を購入することができます。購入したギフト券を自分で買取業者へ売却することで現金化することができます。

こちらでは自分で売却しなければいけないという点は注意が必要です。

後払いでの購入手数料として額面の15%の手数料が取られます。そして買取業者での手数料もかかるので現金化できる金額は下がります。

たぬきチケットの現金化方法

たぬきチケットではAmazonギフト券を後払いで購入することができ、買取業者を紹介してもらってそちらで売却をして現金化ができます。

口コミによると実際に現金化できるのは購入金額の約70%だそうです。

後払い利用時に注意すべき点

様々な後払い現金化サービスを紹介しましたが、これらのサービスを利用する際には注意すべき点があるので紹介します。

後払いとは「あとで代金を支払う必要がある」

後払いとはあとで代金を支払うことができるサービスです。そのため、あとで代金を支払う必要があります。

これは支払いを飛ぼうとしている人に注意なのですが、商品を購入した時点で売買契約を結んでいる事になります。

代金を期日までに支払わなければ契約違反、詐欺行為とみなされて業者から法的措置を取られる場合もあるので注意が必要です。

現金化の上限金額が低い

クレジットカードの現金化に比べて、後払いの現金化では現金化できる上限金額が低く、おおよそ1~5万円ほどの現金化しか対応していません。

そのため、高額利用を考えてい方にはあまり向いているサービスではないので注意が必要です。

まとめ

後払いで即日現金化ができるサービスはここ最近で非常に増えてきていますが、業者によってサービス内容がかなり異なっています。

中には最短即日現金化とサイトには書いていても実際は違ったなんて場合もあるので、自分で手数料や入金スピード、評判、現金化できる金額をリサーチしてから利用することを心がけましょう。

 
タイトルとURLをコピーしました