給料ファクタリング 国保(アルバイト・自営業・契約/派遣社員)でも利用できる給料ファクタリング業者

給料ファクタリング活用術

お金が必要な非常時に、「金融ブラックの方」「信用情報を傷つけたくない方」にとって最短で即日で現金化することができる給料ファクタリングは有用な手段です。

給料ファクタリングを利用する際には必要書類を提出しなければならないのですが、その中に保険証の提出が求められるでしょう。

しかし、お持ちの保険証が社保ではなく国保の場合ですと正社員ではないとみなされて審査落ちしてしまう可能性が高くなってしまいます。

アルバイト・パート、自営業、派遣社員、契約社員でも利用可能な給料ファクタリング

国保だから給料ファクタリングが利用できないと思っている方に、国保(アルバイト・自営業・契約/派遣社員)でも利用することができる給料ファクタリング会社を口コミを元に調査したので結果を紹介していきたいと思います。

プリペイメント

プリペイメント-給料ファクタリング
手数料10%〜
*LINEでの申し込みの場合は振込手数料・事務手数料が無料に(2020年5月31日まで)
決済スピード3営業日以内(最短即日)
在籍確認なし
初回利用限度額給料額まで

プリペイメントはスタッフの対応が丁寧で手数料も比較的安い部類の給料ファクタリングサービスです。

プリペイメントはとあるサイトの取材に応じた際にアルバイト、パートの方でも利用できると回答しています。

アルバイトや自営業の方からでも利用は可能ですか?
>>弊社ではアルバイトやパート勤めの方から申し込みにも対応しています!

取材の真偽はわかりませんが、問い合わせて確認してみると良いでしょう。

ファク太郎

ファク太郎
手数料8~25%
決済スピード3営業日以内(最短即日)
在籍確認あり
初回利用限度額給料額まで

ファク太郎はボーナスの買取にも対応しているという給料ファクタリング会社です。

口コミによると国保(契約社員)の方でも利用できたという口コミが確認できました。

ファク太郎、手数料30%(在確あり)
自分は国保、契約社員だけど普通に利用できた

利用ができた契約社員の方からの口コミです。

AZABU

AZABU
手数料20%~27%
決済スピード最短即日
在籍確認あり
初回利用限度額2万円〜5万円

AZABUは入金のスピードが早く、審査も緩いと言われている給料ファクタリングサービスです。

こちらも国保の方が利用できたという口コミが見かけれました。

とりあえず国保の自分でも麻布は利用できました。
参考にして下さい

トラストファクター

手数料5%~20%
決済スピード最短即日
在籍確認あり(なしという口コミも)
初回利用限度額3~10万円(法人は100万円まで)

トラストファクターは手数料が比較的安い部類の給料ファクタリングサービスです。

こちらも国保の方からのお申し込みに対応している様です。

トラストの身分確認の保険証って社保じゃないと落とされる?
>>俺は国保

利用者から社保でなくても利用できると口コミがありました。

給料ファクタリングの審査で国保が不利な理由

給料ファクタリングの審査で国保が不利な理由

給料ファクタリングは給与債権を買取するサービスなので、働いていない方は利用できないものとなっています。

「パート・アルバイトの方ご利用可能」と公式HPなどに記載している給料ファクタリング会社でも実際に申し込んでみると審査に落ちてしまうケースが多い様です。

正社員の場合でしたら基本的に会社より社会保険に加入しているのですが、それ以外の国民健康保険の場合ですと会社に務めていないと判断されてしまうことが多く利用できないことが多いのです。

自営業・個人事業主の場合

フリーランスなど個人事業主の方は、国民健康保険への加入していると思われます。また個人事業主が得る収入は、給与ではなく事業所得となります。

そのため給料ファクタリング業者の買取対象ではなくなってしまう為、利用できないと言われてしまいます。

しかし、個人事業主の方の場合は給料ファクタリングではなく売掛債権を売買する「ファクタリング」を利用することがで現金化するという手法もあるので参考にしてみてください。

アルバイト・パートの場合

アルバイト、パートとして働いている方も給料をもらって働いている労働者とみなされますし、働いている会社より健康保険への加入を義務付けられている場合が多いので給料ファクタリングの利用が可能な場合が多いです。

利用する際には雇用証明書、源泉徴収などを提出することが必要な場合もあるので頭に入れておいてください。

派遣社員・契約社員の場合

派遣社員や契約社員の方も社会保険の加入は必須となっています。しかし、中には労働条件などによっては社会保険ではなく国民健康保険(国保)に加入している方もいるでしょう。

国保に加入している方ですと、今回紹介した給料ファクタリング会社以外ですと利用を断られるケースが多いです。

また、派遣社員の方が給料ファクタリングを利用をする場合は派遣契約書の提出を求められるので用意しておくと良いでしょう。

まとめ

まとめ

国保だから給料ファクタリングが利用できない」とお悩みの方は是非今回紹介した給料ファクタリング会社に一度問い合わせてみると良いでしょう。

国保でも利用できたという口コミがあるので利用できる可能性が他所よりも高いはずです。

当サイトでは、その他の給料ファクタリング会社についても細かく調査して紹介しているので手数料など比較してそちらも利用を検討してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました