給料ファクタリング 悪徳業者・安全な業者の見極め方

給料ファクタリング活用術

給料ファクタリングは最短即日で入金され、金融ブラックの方でも利用ができるという事でピンチの時に助かるサービスです。

しかし、給料ファクタリングの中には詐欺まがいの契約をする悪徳業者も存在しています。悪徳業者か安全な業者かは利用する前にも判断する事ができます。

そこで、今回は給料ファクタリングを利用する際に確認しておくべきポイントを紹介しますので参考にしてみて下さい。

給料ファクタリングの悪徳業者に要注意!

給料ファクタリングの悪徳業者に要注意!

給料ファクタリングに関しての法整備が整っていない現状、サービス自体がグレーなものになっています。その為、詐欺師や闇金などが運営している悪徳業者も蔓延っています。

悪徳業者でも給料ファクタリングができれば問題ないと思っている人もいるかもしれませんが、悪徳業者を利用してしまうと「不当な高額手数料の請求」「個人情報の悪用」などの被害を受けてしまう場合があります。

そこで、給料ファクタリング会社を利用する際に悪徳業者かどうかを判断できるポイントを解説していきます。

運営会社の情報に不明な点が多い業者

一番最初に確認しておくべきポイントは給料ファクタリングサービスの運営会社の情報です。

優良なファクタリング会社の場合ですと、公式HPにしっかりと会社の代表者名や会社の所在地、問い合わせの電話番号等を記載しています。

逆にこれらの運営会社情報が不明になっているサービスは信頼性が低くなってしまいます。また、電話番号が記載されている場合はその番号を検索して見ましょう。

中には闇金で使われていた過去がある電話番号も存在しているのでそういった電話番号の会社は悪徳業者の可能性が高まります。

不必要な個人情報を要求してくる

給料ファクタリングの利用を申し込むにあたって、身分証明書給与振込歴給与明細などの書類提出が必要となります。これらの書類は実際に利用者が申告した会社に勤めており、給与債権があるのかを確認する為に使われます。

給料ファクタリングは給与債権の買取契約なので給与債権があるかどうかの確認はどうしてもしなければなりません。

しかし、悪徳業者の場合は本来であれば不必要な個人情報の提出を要求してくる場合があります。

通帳の履歴送ったら残高まで見えるようにと言われ、
質問事項に月の収入、収支の内訳書かせてくる

利用者の経済状況を把握して闇金業者などに情報を売るのでしょう。

契約書に身元保証人の勤務先、職場の上司部下の名前、連絡先まで記載しろと言われた。

明らかに給料ファクタリングに必要のない個人情報ですので教えない様にしましょう。

悪徳業者が給料ファクタリングに必要のない個人情報を要求するのには、手に入れた個人情報で詐欺師や闇金業社などに売って儲けようという目的があるからです。

悪徳業者を利用してしまった方が後日闇金業社から営業の電話が来たという例もありますので、くれぐれもファクタリングに関係のない個人情報を渡さない様に注意を払いましょう。

電話対応が悪い業者

給料ファクタリングを利用すると、職場への在籍確認や当人とのヒアリングなどで電話をする機会があります。

闇金の様な悪徳業者で電話対応が悪い会社を利用すると在籍確認の際、職場の人に「闇金を利用しているのではないか?」と不審がられるかもしれません。

その様な状況にならない様に、電話対応が良いとの口コミがある給料ファクタリング業者を利用しましょう。

給与債権の買取手数料に不適切な行為がないか?

給料ファクタリングにおいて、給与債権の買取手数料の相場は20%~40%です。

もし40%を超える様な手数料を請求してくるファクタリング業者は悪徳業者ですので利用を控えた方が良いでしょう。

覚えのない手数料などはしっかりと確認をし、不審な点があれば悪徳業者の可能性が高いので利用を控えた方が良いかもしれません。

支払いが遅れた場合期限に猶予を設けているか?

支払い期日にお金が用意できなかった場合に、丁寧に対応してくれるかどうかも業者の良し悪しの判断材料となります。

安全な業者は支払い期日の延滞交渉を受けてくれる場合が多いです。いつ頃返済できますということを伝えると快く対応してくれます。

一方、悪徳業者の場合ですと延滞交渉を受けたとしても、違法行為である手数料の上乗せをしてきたり、職場に督促状を送って来るなど強引な取り立てをしてくる場合もあります。

ファクタリング業者の評判は?

利用するファクタリング会社は事前にネットで評判を調べておきましょう。

匿名電子掲示板の5ちゃんねるの「給料ファクタリング情報スレ」ではファクタリング業者に関しての口コミや情報交換が行われています。そちらで、利用したい業者の口コミをチェックしておくと悪徳業者を見抜ける可能性が高まります。

しかし、中には業者による自作自演の書き込みもあるので書いてある情報をそのまま鵜呑みにはせず、参考程度に留めておくと良いでしょう。

過去に給与債権の買取実績があるか?

給料ファクタリング業者に確かな給与債権の買取実績があるかどうかも肝心なポイントです。新規業者、不人気な業者は給与債権の買取実績は低いでしょう。

そのような業者は利用者が少ないので手数料を高くなってしまう場合が多いです。多くの人に利用され、安全な業者ほど手数料も安くなります。

まとめ

まとめ

給料ファクタリング業者の中には闇金、詐欺業者が運営している悪徳業者もあるので、利用する際は今回紹介したチェックポイントを確認してから利用しましょう。

悪徳業者を利用するかどうかは一瞬で決まりますが、悪徳業者を利用してしまったが為に今後ずっと後悔してしまう可能性もあります。そうならない為に慎重に業者選びは行いましょう。

当サイトでは給料ファクタリング業者の情報、口コミなどをまとめて紹介しているのでそちらも参考になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました