メルペイ後払いで現金化する方法を調査しました!

メルペイ後払いで現金化する方法を調査しました! 給料ファクタリング活用術

急遽現金が必要になったけれど、手持ちがなければ融資も受けれない金融ブラックの方は手段がないという人でも、現金化ができる「メルペイスマート払い」をご存知でしょうか?

メルカリの決済サービスの一つですが、上手に使うことで現金化することができると言うことでも知られています。

この記事では「メルペイスマート払い」で現金化をする方法について細かく調査したので、方法・メリットについて紹介していきます

メルペイスマート払いってなに?

「メルペイ」は、「メルカリ」が運営しているスマホ決済サービスのことで全国で対応しているお店で利用することが可能です。

中でも「メルペイスマート払い」は、チャージ不要で、使った分だけを、翌月にまとめて支払うことができるサービスのことです。

メルカリユーザーにとっては非常に便利な決済手段の一つですが、利用していない人でも簡単にメルペイを利用することができます。

メルペイスマート払いが使える店はどこ?

メルペイで支払いができるのは、iD決済に対応しているお店と、メルペイコード決済に対応しているお店、一部のネットショップになります。

詳細な利用可能情報は以下のボタンより公式サイトで確認することができます。

メルペイスマート払いの限度額は?

メルペイスマート払いには、利用限度枠内で利用上限金額を自分自身で設定することができるので、使いすぎて支払いができないと言う事態を未然に防いでくれます。

利用限度枠をさらに大きくしたい場合は、自分ではどうしようもなく、運営事務局が判断します。

そのため、上限を上げたい方は何度もメルペイスマート払いを利用していくと自然と上限が上がっていくと考えられます。

メルペイスマート払い現金化のメリットとデメリットは?

メルペイスマート払い現金化は誰でも利用できる便利なサービスですが、利用前にメリット・デメリットを理解しておきましょう。

メルペイスマート払い現金化のメリット

支払いまでの期間が長い
「メルペイスマート払い」の支払い期限は、使用月の翌月の末日です。例えば2月1日に「メルペイスマート払い」を使用した場合は、支払いは3月31日になります。
月初で利用すると最大で2ヶ月近くの猶予ができるのでおすすめです。

信用情報の審査がなく、クレカも必要なし!
メルペイスマート払い現金化は、信用情報の審査が行われることもなく、当然クレジットカードをお持ちでない方でも利用できる方法です。
利用時に審査は行われませんし、利用条件もないので、どなたでも利用することができるのは大きな利点です。
(ただし、18歳未満の方は利用できず、利用登録時に本人確認が必要になります。)

メルペイスマート払い現金化のデメリット

現金化まで時間がかかる
メルペイスマート払いでの現金化は最短でも3日かかってしまいます。
急ぎで現金が必要な方や、作業をする時間がないと言う方にはなかなか利用しにくくなってしまいます。

現金化できる額が不安定
購入した商品を自分で転売・売却するので、タイミングや商品の状態によって現金化できる金額が変わってしまう不安定な現金化方法です。
想像よりもかなり安い額しか現金化できなかった、そもそも現金化事態できなかった可能性もあるので注意してください。

メルペイスマート払い現金化の仕組み・流れ

メルペイスマート払いでの現金化の流れを簡単にまとめると以下の通りです。

1.「メルペイスマート払い」の利用を登録
2.メルカリで「高く売れる商品」を購入
3.購入した商品を、転売・買取業者などで現金化をする
4.翌月末に利用代金を支払い

つまり、メルペイスマート払いで換金率の高い高値で売れそうな商品を購入し、買取業者に買取してもらう、自分でメルカリ等で転売して現金化を行います。

そのため、現金化するまでの時間がかかりますし、金額も不安定な現金化になってしまいます。

また、メルペイスマート払いの利用登録時に本人確認が必要で、未成年は利用できないので注意してください。

モバイルSuicaでの現金化は不可能に

メルペイスマート払いを使ってモバイルSuicaにチャージをすることで、かつては即日現金化ができましたが、現在メルペイスマート払いではモバイルスイカへのチャージが行えませんので注意してください。

まとめ

メルペイスマート払いで現金化する方法について紹介しましたがいかがだったでしょうか。

転売や売却が失敗した際にお金を支払うあてがないという状態にならないように注意して利用しましょう。

当サイトでは、最短即日で現金化でき、支払い期限も1ヶ月となる現金化の方法を紹介しているのでぜひそちらも参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました