楽天ペイ後払いで現金化する方法を調査しました!

楽天ペイ後払いで現金化する方法を調査しました! 給料ファクタリング活用術

急遽現金が必要になったけれど、手持ちがなければ融資も受けれない金融ブラックの方は手段がないという人でも、現金化ができる「楽天ペイ後払い」をご存知でしょうか?

楽天ペイを知っている人は多いかもしれませんが、支払い方法を後払いにすることができたのをご存知でしょうか。

この記事では「楽天ペイ後払い」で現金化をする方法について細かく調査したので、方法・メリットについて紹介していきます

楽天ペイってなに?

楽天ペイってなに?

「楽天ペイ」は楽天が運営する決済サービスで、楽天ペイアプリを使って簡単に支払いをすることができます。

支払いができるだけでなく、利用していると楽天ポイントが貯まるのでお得にお買い物ができます。

楽天ペイの支払い方法を後払いに

楽天ペイの利用代金の支払い方法は、クレジットカードやポイント払い以外にも「後払い決済」にすることができます。

後払いサービスは、楽天ペイを利用したら発行される請求書の発行日から14日以内に主要なコンビニまたは銀行の窓口やATMで行うと言う方法になります。

後払いを利用すると、請求書発行費用として250円の手数料がかかるので、何度も利用していると手数料が思っていたよりもかかってしまうので注意です。

また、注文金額の上限は53,999円なので、高い支払いには対応していないので価格には気をつけましょう。

楽天ペイ後払い現金化のメリットとデメリットは?

楽天ペイ現金化のメリットとデメリットは?

楽天ペイ現金化は誰でも利用できる便利なサービスですが、利用前にメリット・デメリットを理解しておきましょう。

楽天ペイ後払い現金化のメリット

クレジットカードがなくても利用できる

楽天ペイ後払い現金化は、クレジットカードをお持ちでない方でも利用できる方法です。利用にあたって特別な審査や条件は必要なく、パートやアルバイト・無職の方でも利用できるというのは大きなメリットです。

楽天ペイ後払い現金化のデメリット

支払いの期限が14日間と短い

楽天ペイ後払いサービスでは、請求書の発行から「14日以内」に購入代金を支払わなければいけません。
クレジットカードでは1ヶ月以上後に支払いになるので比較しても半分くらいの期間なので、タイミングが合わないと利用しにくいです。

現金化できる額が不安定
購入した商品を自分で転売・売却するので、タイミングや商品の状態によって現金化できる金額が変わってしまう不安定な現金化方法です。
想像よりもかなり安い額しか現金化できなかった、そもそも現金化事態できなかった可能性もあるので注意してください。

楽天ペイ後払い現金化の仕組み・流れ

楽天ペイの後払い決済での現金化の流れを簡単にまとめると以下の通りです。

1.高く売れる(換金率が良い)商品を楽天ペイで購入
2.購入した商品を、転売・買取業者などで現金化をする
3.支払い期日の14日以内に楽天ペイに返済する

つまり、楽天ペイ後払いで換金率の高い高値で売れそうな商品を購入し、買取業者に買取してもらう、自分でメルカリ等で転売して現金化を行うという方法です。

そのため、現金化するまでの時間がかかりますし、商品がいくらで売却できるかが不安定になってしまいます。

しかし、支払い期日は、商品購入から14日以内と決まっているので、現金化ができなくても必ず支払う必要があるので、給料日がくるタイミングで利用すると安心です。

まとめ

まとめ

楽天ペイ後払い現金化は、クレジットカードがない人でも利用でき、信用情報の審査も行われないので誰でも利用することができる現金化方法です。

しかし、支払い期日が14日間と短く、現金化できない、現金化できても少ない金額になってしまうというデメリットがあるので慎重に利用しましょう。

当サイトでは、もっと効率のよく、便利な後払い現金化サービスを紹介しているのでぜひそちらも参考にしてみてください。

 
タイトルとURLをコピーしました