NP後払いで現金化する方法を調査しました!

NP後払いで現金化する方法を調査しました! 給料ファクタリング活用術

急遽現金が必要になったけれど、手持ちがなければ融資も受けれない金融ブラックの方は手段がないという人でも、現金化ができる「NP後払い」をご存知でしょうか?

クレジットカードがなくても利用できる現金化方法なので、名前を聞いたことがある人も多いかもしれません。

この記事では「NP後払い」で現金化をする方法について細かく調査したので、方法・メリットについて紹介していきます

NP後払いってどんなサービス?

NP後払いってどんなサービス?

NP後払いサービスとは、オンラインショッピングをした際の代金を株式会社ネットプロテクションズが商品購入者に変わって商品販売業者に代金を支払い、購入者は後払いで株式会社ネットプロテクションズに支払うと言う仕組みの後払いサービスです。

NP後払いサービスは事前登録がなどの面倒な作業は不要で、対応サイトではすぐに利用できるので非常に便利です。

ただし、NP後払いには支払い額の上限は税込55,000円となっており、上限を超えると利用できなくなってしまうので注意してください。

NP後払いの現金化のメリットとデメリットは?

NP後払い現金化は誰でも利用できる便利なサービスですが、利用前にメリット・デメリットを理解しておきましょう。

NP後払い現金化のメリット

信用情報の審査がなく、クレカも必要なし!
NP後払い現金化は、信用情報の審査が行われることもなく、当然クレジットカードをお持ちでない方でも利用できる方法です。
利用時に審査は行われませんし、利用条件もないので、どなたでも利用することができるのは大きな利点です。

NP後払い現金化のデメリット

現金化できる額が不安定
購入した商品を自分で転売・売却するので、タイミングや商品の状態によって現金化できる金額が変わってしまう不安定な現金化方法です。
想像よりもかなり安い額しか現金化できなかった、そもそも現金化事態できなかった可能性もあるので注意してください。

支払いは14日以内
NP後払いサービスでは、請求書の発行から「14日以内」に購入代金を支払わなければいけません。
クレジットカードでは1ヶ月以上後に支払いになるので、タイミングが合わないと利用しにくい現金化方法です。

長期滞納すると利息がついて催促の電話がくる
支払い期日のを過ぎると、利息が付いた金額が請求されます。
利息について、会員利用規約第13条には「支払い日の翌日から支払い済みの日に至るまで、年14.6%を乗じた額(年365日で日割り計算。ただし、うるう年は年366日とします。)の遅延損害金を支払うものとする」と書かれています。
その上滞納を続けていると、サービスを利用できないのはもちろんのこと、支払いの催促の電話がかかってくるので注意してください。

NP後払いの現金化の仕組み・流れ

NP後払い現金化の流れは以下のようになります。

1.NP後払いでオンラインショッピングをする
2.購入した商品を、転売・買取業者などで現金化をする
3.商品代金を14日以内に支払う

つまり、NP後払いで換金率の高い高値で売れそうな商品を購入し、買取業者に買取してもらう、自分でメルカリ等で転売して現金化を行います。

支払い期日は、商品購入から14日以内と決まっているので、現金化ができなくても必ず支払う必要があります。

そのため、売れなかった場合のことも考えて利用する際には間に給料日などがあるようなスケジュールで利用するのがおすすめです。

LINE Pay(ラインペイ)を使って期限を延長できる?

NP後払いは「LINE pay(ラインペイ)」での支払い方法にも対応しているので、利用すると支払い期日を延長できる技があります。

LINE Payに紐づいたクレジットカードでNP後払いの代金を支払うと、翌月月末の請求になるため、支払い期限がかなり伸ばすことができます。

まとめ

まとめ

NP後払い現金化は、クレジットカードがない人でも利用でき、信用情報の審査も行われないので誰でも利用することができる現金化方法です。

しかし、支払い期日が14日間と短く、現金化できない、現金化できても少ない金額になってしまうというデメリットがあるので慎重に利用しましょう。

当サイトでは、もっと効率のよく、便利な後払い現金化サービスを紹介しているのでぜひそちらも参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました