給料ファクタリングでネット完結!即日振込はできるのか?

給料ファクタリング活用術

融資と違い、金融ブラックな人でも利用できる給料ファクタリングは急にお金が必要になった際に非常に役に立つ資金調達方法となっています。

給料ファクタリングを利用する際には基本的に電話でのヒアリングを行う業者がほとんどのため、

電話で業者と話をするのがが面倒だ
しつこく話を聞かれるのが嫌だ

という方も多いでしょう。そこで、今回は電話でのヒアリングなしでネット上でのやりとりだけで利用できる給料ファクタリング会社を紹介します。

ネットで完結!電話ヒアリングなしで利用可能な給料ファクタリング

それでは早速電話ヒアリングなしで完結できる給料ファクタリング会社を口コミ等を参考に調査したので紹介していきます。

プリペイメント

プリペイメント-給料ファクタリング
手数料10%〜
*LINEでの申し込みの場合は振込手数料・事務手数料が無料に(2020年5月31日まで)
決済スピード3営業日以内(最短即日)
在籍確認なし 審査最短30分以内
初回利用限度額給料額まで

プリペイメントではLINE上でヒアリングを行うのでネットだけで利用が完結できる給料ファクタリングサービスとなっています。

ただし、利用者の中に電話でのヒアリングが必要なケースもある様です。

スピードペイ

スピードペイ(speed-pay)給料ファクタリング
手数料10%~40%(+事務手数料3000円)
決済スピード3営業日以内(最短即日)
在籍確認ナシ
初回利用限度額不明

上記プリペイメント の系列会社であるスピードペイも電話でのヒアリングなしでLINEで給料ファクタリングの利用が完結できます。

こちあも一部の利用者は電話ヒアリングがあるとのことです。

毎日給料日くん

毎日給料日くん
手数料初回利用で一律15,000円
決済スピード最短即日
在籍確認あり(条件によってはなし)
初回利用限度額不明

毎日給料日くんでは電子契約書で契約を交わすのでオンライン上だけで利用が完結することができます。

土曜日、祝日も利用可能とのことで非常時の利用に助かる給料ファクタリング会社です。

即日現金化するには段取りが肝心!失敗しない準備と心得

ネットだけで完結する給料ファクタリングならば電話や書類の郵送などがないため、素早く現金を手に入れることができるでしょう。

そこで、最短即日で利用できる給料ファクタリングを利用して素早く現金化するための準備と心得を紹介します。

早い時間帯に申し込もう!

いくら最短即日でネット完結のスピード審査をしてくれる会社だったとしても、申し込みをする時間帯が夕方以降になってしまうと当日中に審査が終わらない可能性が高いです。

「30分で審査完了します!」と記載されていても実際はもっとかかると思っといた方が良いでしょう。そのため、すぐに資金調達をしたい場合には出来るだけ早い時間帯に申し込みをするのがお勧めです。

会社によっては「15時までに手続きが完了した場合は即日振り込み可能」などと書いてあることもあるので、そうした場合はその時間に審査が完了する様早めに申し込みをすると良いでしょう。

申込みに必要な書類は事前に準備

給料ファクタリングを申し込む際には幾つか必要な書類があります。そういった書類は申し込みをする前に用意をしておくことで、スムーズに審査が完了します。

そのため、会社によって必要な書類は異なりますが基本的には以下のものになるので集めておきましょう。

・身分証明書(運転免許証など)
・社名入りの保険証
・預金通帳(過去2ヵ月分の記帳明細)

審査がスムーズな在籍確認のない給料ファクタリング会社を利用しよう

給料ファクタリングが素早く利用できるかどうかは審査が一番大事なのですが、審査の中に大事な要素として「在籍確認」があります。

在籍確認とは、給料ファクタリング業者が利用者の職場に電話をして利用者が本当にその職場で務めているかどうかを確認する作業のことです。この在籍確認は電話で行う必要があるのでどうしても時間がかかってしまうでしょう。

基本的にどの給料ファクタリング会社も在籍確認が必須となっているのですが、中には在籍確認を行っていない会社もあるのでそちらを利用することで即日現金化しやすくなります。

受取り用の口座はネット銀行がおすすめ!

申し込みから当日中に業者が入金をしてくれたとしても、あなたが利用している銀行によっては振り込みが当日に反映されないケースもあります。

15時までの振り込みであれば反映される銀行があれば、17時までの振り込みについて反映する銀行もあるといった様に銀行ごとに反映される時間が異なっています。

それでは業者が振り込まれても当日に反映されないという方にお勧めなのがネット銀行です。ネット銀行では24時間いつでも入金されるものが多いので、入金先をネット銀行にしておくことをオススメします。

まとめ

給料ファクタリングは利用したいけど電話でやりとりをするのが嫌だという方は今回紹介したファクタリング会社を利用してみて下さい。

ただ、LINEアカウントをどうしても教えたくないという場合にはオススメできません。

ネット完結できる給料ファクタリング会社を利用して、今回解説した即日振り込みされるための心得を実施すれば即日現金化も可能となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました