給与ファクタリング業者が次々と休廃業していくのはなぜ?

給与ファクタリング業者が次々と休廃業していくのはなぜ? 給料ファクタリング活用術

急な出費などで急遽お金が必要になった際に、信用情報の審査がない為信用を傷つけず、また信用ブラックの方でも利用ができると評判の給料ファクタリング

新型コロナウイルスの影響もあり利用者が増えているこのサービスですが、実は業者が次々と休業、または廃業しているのです。

今回はその理由を調査したので紹介していきたいと思います。

金融庁の見解では給与ファクタリングは貸金と認定

金融庁の見解では給与ファクタリングは貸金と認定

多くの給料ファクタリング会社が休業、廃業しているのには理由が幾つかあるのですが、その中でも最も影響していると思われるのが金融庁の通達です。

給料ファクタリングは給与債権の売買契約である為貸金業には該当しないとされていました。

しかし、あまりにも高い手数料により返済ができないといった相談が多発した事を受け、2020年3月に金融庁は給料ファクタリングは貸金業に該当するという見解を出しました。

貸金業を営むには資格が必要な為、そのままの営業形態では対応できないので廃業をせざるを得ない事情がある会社が増えたのです。

東京地方裁判所もファクタリングは貸金と認定

この金融庁の見解が発表されたのちの3月24日、東京地方裁判所では給与ファクタリング取引は貸金に当たるとしました。金融庁の見解に続き、司法の観点からも違法である事が明確になりました。

こういった背景が給料ファクタリング会社が次々と休業、廃業という道を選ばざるを得なくなったのでしょう。ファクタリング会社の一部では口座凍結されているところもあるようで止むを得ない状況のようです。

七福神の前の振込口座、存在しませんになってた
口座凍結!

ファク太郎は再契約無理だね。
書留送付した後に連絡したら新しいサービス始めるからファクタリング廃業しますみたいなこと言われた

コロナウィルスによる生活困窮で利用者が急増し注目を浴びた

コロナウィルスによる生活困窮で利用者が急増し注目を浴びた

現在も世界各地で騒動になっているコロナウイルスの影響で仕事がなくなったり、働ける時間が少なくなった影響で収入が減ってしまった人が大勢います。

その為、この数ヶ月間で給料ファクタリング利用者が急増しているようです。

各種メディアに掲載され話題になった

この生活困窮者による利用者急増で給与ファクタリングは、NHKニュースなど各種メディアで取り上げられ世間の風当たりが強くなり、より運営を行うのが難しくなりました。

“給料ファクタリング”に注意を 新手のヤミ金融被害急増

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200501/k10012413161000.html

<新型コロナ>給料ファクタリングに注意 実態はヤミ金、被害拡大に懸念

https://www.tokyo-np.co.jp/article/16848

コロナ不況で急増中「給与ファクタリング」にご注意を

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/273590
20200430 新手の 闇金【 給料 ファクタリング 】被害急増・その仕組み

給与ファクタリングは法的にグレーなサービス

一部のメディアでは闇金である、違法であると記載しているものがありますが、現状では給与ファクタリングはグレーなサービスとなっています。

というのも、給料ファクタリング関連の法整備が整っていないからです。

金融庁が貸金業であるという判断を下したので、貸金業の登録を行っていない給与ファクタリング会社は今後法律で規制される可能性はあります。

コロナウイルスの影響で国からも援助がありますが、今すぐ現金が欲しいという人にとっては早急な解決は難しく、給料ファクタリングの即日入金が助かるという人も多いでしょう。

どうしても利用したいという方は慎重に検討した方が良いでしょう。

今現在も営業を続けているファクタリング会社の特徴

様々な事情の中給料ファクタリング会社が廃業していますが、現在も幾つかの給料ファクタリング会社は営業を続けています。

営業をしている会社には共通して以下のような特徴を持っていました。

HPに会社名や所在地など詳細な情報を載せている

現在も営業している会社はHPがあり、運営会社の情報をきちんと記載しているという特徴を持っています。これは利用者からすると安心して利用できる会社になります。

言い換えると、会社の情報をしっかりと掲載していない、連絡先はLINE、携帯電話だけの記載のような怪しい会社たちは次々と廃業をしているという事です。

【6月現在】営業しているファクタリング会社を紹介

多くの給料ファクタリング会社は休業、廃業していますが、2020年6月現在営業を続けているファクタリング会社を調査したので紹介していきます。

プリペイメント

プリペイメント-給料ファクタリング
手数料10%〜
*LINEでの申し込みの場合は振込手数料・事務手数料が無料に(2020年5月31日まで)
決済スピード3営業日以内(最短即日)
必要書類・身分証明書(免許、パスポート等)
・健康保険証
・給料2ヶ月分の記載のある通帳コピー

プリペイメントは2020年6月現在営業を続けているようです。
こちらはスタッフの対応がよく、手数料もやすいという事で利用者の口コミも良い会社です。

スピードペイ

スピードペイ(speed-pay)給料ファクタリング
手数料10%~40%(+事務手数料3000円)
決済スピード3営業日以内(最短即日)
必要書類・顔写真付の身分証明書(免許、住基カード等)
・直近2ヶ月分の給料明細及びお給料が振込みされている通帳の給与振込履歴
・保険証

スピードペイも2020年6月現在営業を続けています。
こちらは上記プリペイメントと同系列の会社となっています。

まとめ

まとめ

給料ファクタリングは現状グレーなサービスである事を理解しておきましょう。しかし、金融庁や地方裁判所などが貸金業であるという判断を下したので今後は法律で規制される可能性があります。

その為、多くの給料ファクタリング会社は口座凍結してしまった等の影響で止む無く休業、廃業をせざるを得ない状況になっています。

どうしても給料ファクタリング会社を利用したいと考えている方は今回紹介した会社を慎重に検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました