なぜ、給料ファクタリングはブラックOKで利用できるのか?

なぜ、給料ファクタリングはブラックOKで利用できるのか? 給料ファクタリング活用術

個人で利用できる現金調達の手段として注目されているのが給料ファクタリングです。

「友達の結婚式が立て続けに入りお金が尽きた」
「給料日前だけど金欠で生活費がなくなってしまった」

という状況になってしまうことは誰しもあるかもしれません。こうした時に役に立つのが給料ファクタリングで、こちらは借入と異なる資金調達方法となっています。

その為、金融ブラックの方でも利用できるということなのですがなぜブラックでも利用できるのかその理由について解説していきたいと思います。

クレジット会社や金融機関は個人を信用してお金を貸してくれます

クレジット会社や金融機関は個人を信用してお金を貸してくれます

それではまず、クレジット会社や金融機関の融資について解説していきます。

クレジット会社や金融機関の個人融資の基準

クレジットカード会社や金融機関は個人の信用度を基準に融資をするので本人確認書類や勤務先情報、勤続年数、家族構成や持家か賃貸かなど様々な情報を元に本人の属性をチェックします。

他にも、信用情報と呼ばれるローンやクレジットカードなどの取引に関する履歴で過去に借入に関するトラブルはないか、きちんと返済をしているかなども審査されています。

クレジット会社や金融機関のブラックリストとは?

クレジットカード会社や金融機関は個人の信用を元に融資をするので、これまでの不払いや極端な支払い遅れなどの情報を信用情報機関に報告し業界で共有されています。

そして借入をしている時に返済が滞ったり、破産したりした場合には信用情報機関に事故情報が掲載される、俗にいうブラックリストに乗ってしまいます。

このブラックリストに載ってしまうと他社でも借入が出来なくなってしまい、事故の内容にもよりますが5年は新規にローンやクレジットカードが作る事が出来なくなってしまいます。

給料ファクタリングは次の給料を買取る取引なので個人の信用はあまり重要でない

給料ファクタリングは次の給料を買取る取引なので個人の信用はあまり重要でない

それでは次に給料ファクタリングではどのような審査が行われているか解説していきます。

給料ファクタリングの審査基準はきちんと給料所得があるか!

給料ファクタリングの審査では信用情報はチェックされません。一番重視されるのが「給料所得があるかどうか」という点になります。

利用者の勤務先の経営状況や、利用者が嘘偽りなく本当にその職場で働いているかどうかの在籍確認という点さえしっかりしていれば審査は通ります。

会社からきちんと給料を貰っている人であれば基本的には審査が通るというものになっています。

給料ファクタリングは信用ブラックの利用者も多い

給料ファクタリングは信用ブラックの利用者も多い

先ほど説明したように、給料ファクタリングは信用情報の審査を行わず、カードローンなどと違って審査自体に通りやすいです。

その為、信用ブラックの方でも問題なく利用ができる為ブラックの利用者も多いサービスとなっています。

クレジットや金融機関の金利と比較すると給料ファクタリングの手数料は高い!

信用情報に関係なく、審査も通りやすいという事で「利用したい!」と即決するのはオススメできません。

給料ファクタリングを利用するにはカードローンの金利に該当する「手数料」を支払う必要があるのですが、この手数料が高いという点を理解しておきましょう。

給料ファクタリングの手数料は金利ではないので法定利率に関係なく設定ができるので、相場は20%~40%の手数料になっています。

年利に換算すると金融機関やカードローンの金利と比較するとかなり高いというので利用する場合は本当に使うべきかを慎重に判断してください。

どうしても給料ファクタリングを利用するならプリペイメントをおすすめします

プリペイメント-給料ファクタリング

「どうしても今すぐ現金が必要」
「信用ブラックだから他に手段がない」

などなどの様々な理由はあると思いますが、給料ファクタリングを使いたいという方にオススメなのがプリペイメントという給料ファクタリング会社です。

手数料10%〜
*LINEでの申し込みの場合は振込手数料・事務手数料が無料に(2020年5月31日まで)
決済スピード3営業日以内(最短即日)
在籍確認なし
初回利用限度額給料額まで

プリペイメント は手数料も業界内で安く、スタッフの対応が丁寧で利用しやすいと評判もとても良く、アルバイトやパートの方でも利用できるのでお金が欲しい非常時に役に立つサービスです。

まとめ

まとめ

給料ファクタリングは金融機関やクレジット会社などとは違う審査をしており、利用者がしっかりと給料を貰っているかどうかが重要視されるポイントです。

言い方を変えると給料さえ貰っていれば利用できるのが給料ファクタリングです。その為信用ブラックの方でも利用できるサービスとなっています。

利用する際は、手数料が高いという点などの給料ファクタリングの特徴があるのでそちらを踏まえてから利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました